• ホーム
  • >
  • 福岡の介護施設探しガイド
老人ホームの基礎知識 上
老人ホームの基礎知識福岡の介護施設探しガイド
老人ホームの基礎知識 下

入居の流れ

老人ホームへのスムーズな入居のために、決めなければならないこと、やらなければならないことの流れをおさえておきましょう。

入居先を決めるまでの流れ

資料請求

希望のエリアや予算など、自分に合いそうなホームに資料請求を行いましょう。1施設ではなく、複数の施設の資料を取り寄せることをおすすめします。

入居の流れ1 比較検討

届いた資料を見て比較検討し、さらに詳しく知りたい施設を絞り込みましょう。

入居の流れ2 施設見学・体験入居

絞り込んだ施設に見学を申込みましょう。これも複数の施設を見て比較することが重要です。他の入居者やスタッフの様子、周辺環境、食事や居室、設備などをしっかりチェックし、気になったことはどんどん質問して大丈夫。見学だけでなく、体験入居で実際に施設の生活を体感してみるのもおすすめです。

入居の流れ3 入居先決定

入居する施設が決まったら、細かな費用などの最終確認を行いましょう。疑問点はこの段階ですべて解消するようにします。

施設決定から入居までの流れ

申込み

■入居申込書と必要書類の提出
まずはそのホーム専用の入居申込書をもらい、必要事項を記入して提出します。なかには体験入居後に申込みを受け付けるホームや、申込み後に体験入居や面談を設けているホームもあるので、事前確認が必要です。さらに、入居申込書だけでなく、その他にホームが指定する書類を添えて提出しなければならないことがあります。事前に必要な書類をホームに確認して、忘れないように準備をしておいてください。

申込みに必要な書類の一例

  • ・入居申込書
  • ・診断書
  • ・健康保険証の写し
  • ・介護保険証の写し
  • ・長寿医療保険の写し
  • ・老人医療受給者証の写し

■入居申込金の用意
申込み時に入居申込金が必要なホームがあります。一般的に入居申込金といわれていますが、入居一時金の一部に充当される場合や、全く別に設定されている場合があり、金額は1万や10万などさまざまです。ホームによって支払い方法が異なるので、事前に確認して、指定日までに必要な金額を支払ってください。

入居の流れ5 契約

■契約書や必要書類の提出
契約書などの書類を読み込み入念に契約内容の確認をしたら、必要書類を揃えてホームに提出します。沢山の書類を読むことにわずらわしさを感じる方が多いと思いますが、入居後の暮らしにかかわる大切なことが書かれているので、ご本人だけでなくご家族の方も面倒がらずに隅々まで確認してください。
また、契約書の他に戸籍抄本や住民票など、ホームが指定する書類を提出しなければなりません。必要な書類はホームによって異なるので確認しておきましょう。

契約時に必要な書類の一例

  • ・契約書(2通)
  • ・本人の戸籍抄本
  • ・本人の住民票
  • ・本人の印鑑証明、実印
  • ・身元引受人の印鑑証明、実印
  • ・口座振替依頼書(銀行発行)
  • ・入居一時金振込証明(銀行発行)
  • ・身上書(趣味や経歴など)

■身元引受人の立ち会い
契約までに信頼できる身元引受人を決定し、契約手続きには身元引受人も立ち会います。ホームの契約には一般的に2名の身元引受人が必要です。その役割は、契約時の立ち会いや入居者の支払い債務への責任、退去するときの備品の引き取りなどがあります。

■入居一時金の支払い
多くの場合、契約には入居一時金が必要です。居室の広さや提供されるサービスの内容などによってホームごとに入居一時金の額は異なり、数十万のホームから数千万のホームまでさまざまです。
支払い方法は振込が一般的で、契約時に一括で支払うところや契約前後に分けて支払うところなど、ホームによって異なります。事前に確認して支払いを済ませてください。

■入居日の確定
契約が済んだら、具体的な入居日を話し合って決めます。できるだけ周りの家族が協力できる日で、ゆとりをもって入居日を選ぶと準備にも余裕ができます。

入居の流れ6 入居準備

まずは、居室の間取りや備品を確認して、身の回りの物を整理することからスタートします。 専用のリストを作り、状況を確認しながら進めると整理しやすくなります。 他にも不動産の整理や、家具類のリサイクル・処分・譲渡、引越し業者の手配、各種届出事項の変更などが必要になります。

届出の一覧

  • ・公共料金の精算(電気、ガス、水道、電話)
  • ・住所・連絡先など届出事項の変更
    (健康保険証、介護、保険証、障害者手帳、 年金、運転免許証、クレジットカード)
  • ・郵便の転送届け など
入居の流れ7 入居

ホームへの入居は一般的な引越しとほぼ同じです。引越し当日、ご家族の方は家具類や身の回りのものを運び込んだ後も、家具の配置や小物類の収納などしっかりサポートしてあげると、入居者の負担が軽減します。また、入居後の隣近所への挨拶については、ホームに尋ねてから判断される方が多いようです。
さぁ、いよいよ新たなシニアライフがスタートします!

福岡有料老人ホーム・介護施設探しガイド

このページの先頭に戻るPagetop