• ホーム
  • >
  • 福岡の介護施設探しガイド
老人ホームの基礎知識 上
老人ホームの基礎知識福岡の介護施設探しガイド
老人ホームの基礎知識 下

入居のタイミング

いつかは老人ホームに入るつもりだけど、でも、「いつか」っていつがいいんだろう?ここでは、実際に老人ホームに入居された方々が、入居を決めたタイミングでよくあるケースをご紹介します。

1. 在宅介護が難しくなった時

家族の介護負担増加や仕事の都合などで在宅介護が難しくなった場合に、自宅から有料老人ホームに移るケースです。

最近では、高齢者が高齢者を介護する老老介護や、介護負担による介護家族のうつ病等が社会問題化しており、介護で家庭崩壊する前に高齢者住宅に移る場合が多くあります。

限界まで頑張って、どうにもならなくなってから施設探しを始めると、体力的にも精神的にも余裕がない状態で検討することに。できるだけ早い時期に有料老人ホームへの入居を選択肢の1つとして、余裕を持って情報収集を始めることで無理なく入居できることも少なくありません。

在宅介護が厳しくなって特別養護老人ホームに入居希望を出しても、待機者が多く数年待ちということもあるため、特別養護老人ホームを待っている間に有料老人ホームを活用するような入居もあります。

2. 医療機関からの退院時

病気やけがで医療機関に入院し、いよいよ退院となった時に自宅で介護が必要になってしまうケースも多く見られます。

病気やけがを治すことに特化した医療機関(療養型病院)を退院する時に、さらなるリハビリが必要と判断されると老人介護保険施設へ、医療的措置を行いながら療養する場合は療養病院へ転院するのが一般的な流れです。

しかし、老健は入所の期間が基本的に3~6ヶ月と決まっています。療養病院も長期化すると病院の報酬単価が下がるので、恒常的な医療措置が必要なくなった時点で退院を促されます。そうなった際に自宅で介護が難しい場合は、医療機関や老人保健施設から自宅に戻らず、直接、有料老人ホームに移る方も多くいらっしゃいます。

3. 元気な内に入居を検討する

まだ介護が必要ない元気な方が有料老人ホームに入居するケースも少なくありません。

認知症になったり、重い介護や医療措置が必要になると入居できる施設が限られてきます。介護や医療措置が必要になっても住み続けられる有料老人ホームに、元気なうちから入居しておくことは老後の安心にもつながります。

有料老人ホームの中には、健康な方が住む棟と介護・医療が必要な方が住む棟を分けることで、ライフスタイルに合った生活を送れるように提案してあるところもあります。今後は、終の住みかは自分で選ぶという高齢者もますます増えてくるでしょう。

よくあるケースが、「入ろうと決めているホームがあったのに、もう少ししてからと思っているうちに、介護認定され入居できなくなった」というお話です。元気なうちに高齢者住宅の暮らしを楽しみ、老後の不安を取り除きたいという方は、そのタイミングを逃すと思い通りのホーム生活が送れないケースもあります。

また、入居者の方からは、元気な内に入居しておくと、ホーム内の楽しい行事に積極的に参加でき、友人も作りやすく、そのことによりいつまでも充実した生活が維持できると言う声も。身体が弱ってしまってからでは、様々な設備やサークルのあるホームに入居しても、活用しきれないことが多くなります。「悠々自適の楽しいホーム生活」を希望するなら、できるだけ早めに入居することが得策でしょう。

福岡有料老人ホーム・介護施設探しガイド

このページの先頭に戻るPagetop